女子がキラキラするような美容やファッションの情報をお届けするライフマガジン

お腹の肉をなくす方法!1週間で効果が出る腹筋&エクササイズ

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

年齢を重ねる毎にどんどんお腹の脂肪って増えていきますよね。

お腹のお肉がつく事によって、今まで履くことが出来ていたスカートやパンツが履けなくなったり、ピタッとしたシルエットのトップスを着ようと思っても、お腹が目立って恥ずかしかったりと・・・。

 

このようにデメリットはたくさんありますよね。

それにお腹は一番先にお肉がつく場所でもありますし、一番最後まで痩せにくい場所として、数多くの女性の悩みの種となっている部位です。

 

ですが、今回ご紹介していくお腹のお肉をなくす方法を実践する事で、あなたのお腹についたお肉を簡単に除去する事が可能になります。

今まであれだけ悩んできたお腹のお肉が、たった1週間の腹筋やエクササイズで一気に改善する事ができるのです。

 

そもそもお腹のお肉の原因ってなに?

今回ご紹介していくエクササイズを解説する前に、まずはお腹のお肉が付く原因を知る事が重要になります。

お腹のお肉の原因を知る事で、今回ご紹介するエクササイズの意味を理解する事ができます。

 

そもそもお腹のお肉の原因は4つのタイプに分かれています。

  • 皮下脂肪タイプ
  • 内臓脂肪タイプ
  • 便秘タイプ
  • 内臓下垂タイプ

この4つに分かれていると、言われています。

では、この4つのタイプを順番に詳しく解説していきたいと思います。

 

皮下脂肪タイプ

まずはこの皮下脂肪タイプですね。

このタイプは女性に最も多いとされているタイプになります。

 

皮下脂肪がお腹に蓄積する事でぽっこりお腹になっているタイプになります。

皮下脂肪かどうかを確かめる為には、自分のお肉を触ってみてください。

 

たぷたぷしてて、柔らかいお肉であれば、それは皮下脂肪となります。

そもそも日本人は筋肉が付きにくい上に、お腹の中にある内臓や、その下の子宮や卵巣を守る為に皮下脂肪が自然とつくようになっています。

 

若い時はお腹はペッタンこでも、年齢を重ねる毎に運動量や基礎代謝が落ちると真っ先にお肉が付いてしまうのがお腹なのです。

それに皮下脂肪は一度お腹に付いてしまうとなかなか落ちないという性質を持っている厄介な脂肪になります。

 

食事制限有酸素運動をした所で、なかなか痩せる事ができないのです。

ですが、後半で解説していくエクササイズを実践する事で、その厄介な脂肪を落とす事も可能です。

 

内臓脂肪タイプ

内臓脂肪とは、胃や肝臓など、内臓の周りに付着した脂肪の事を言います。

内臓脂肪かどうかを確かめる為には、お腹のお肉が固かったり、パツパツでつかめなかったりする場合です。

 

このような場合ですと、内臓脂肪の可能性も高くなりますよね。

内臓脂肪の原因は食事の摂りすぎ、そしてお酒の飲み過ぎにあります。

 

内臓脂肪を改善するのには食事制限が必要になります。

お酒はもちろんですが、高カロリー食品、お肉、揚げ物など、カロリー且つ糖質の多いものを減少する事で、内臓脂肪を取る事ができます。

 

それに内臓脂肪はもともと、摂りすぎたカロリーが原因になりますので、運動する事も効果的とも言われています。

しかし内臓脂肪を改善する事で重要な事は毎日運動しないといけないという事です。

 

過酷過ぎる運動はなかなか続ける事ができません。

なので、できるだけ、長く続ける運動方法を見つける事も重要になっていきます。

 

便秘タイプ

続いては、お腹ぽっこり便秘タイプがあります。

便秘は女性の大敵とも言われていて、その大きなお腹に悩んでいる女性も多いと思います。

 

そもそも排便の頻度なのですが、1週間で6回以上と言われています。

もしこれ以下の方がいましたら、まさしくあなたは便秘となっています。

 

しかも便秘には、ある恐ろしい事が実証されています。

それは、便秘を繰り返していると、自然にどんどん痩せにくい体質になってくるという事です。

 

大腸に長い間とどまっていると、本来なら排出されるべき水分や毒素まで吸収されてしまいます。

その結果、冷えやむくみの原因になってしまいます。

 

むくみや冷えが起きる事で、痩せにくい体質になっていきます。

さらに新陳代謝が減少してしまいますので、今までと同じ食事でも。どんどん太っていく事になります。

 

便秘になってしまう原因としては、ストレスによる自律神経の乱れになります。

なので、便秘をしない為には、運動によるストレス発散が必要になるのです。

 

内臓下垂タイプ

続いては内臓下垂タイプになります。

内臓下垂とは、腹筋が全くない為に、内臓がどんどん下へ垂れ下がってしまう状態の事です。

 

胃下垂や腸下垂は有名ですが、これも一種の内臓下垂の仲間になります。

お腹が出る仕組みとしては、内臓が垂れ下がってしまうと、最終的には骨盤に引っかかる状態になります。

 

その結果、下腹部がぽっこり出てしまいます。

さらに一番下にある腸が他の内臓に押し潰される形となり、便秘などの腸のトラブルにもつながります。

 

改善策としては、腹筋を鍛える事で内臓が元の位置におさまって下腹ぽっこりも改善されます。

それに腹筋を鍛える事で基礎代謝がアップしますので、痩せやすい体になる効果もあります。

 

このように、お腹にお肉がつく原因はたくさんあります。

これらを改善するエクササイズ方法を今からご紹介していきたいと思います。

 

たった1週間でお腹のお肉を取るエクササイズ方法

では早速ですが、1週間でお腹の筋肉を取るエクササイズ方法をご紹介していきたいと思います。

ご紹介する前に、今から解説するトレーニング方法は、比較的厳しいトレーニング方法になります。

 

やはり1週間という短い期間ですので、それなりに厳しいトレーニングは必須になります。

ですが・・・この方法を実践する事で、必ずお肉を取る事ができますので、是非実践していきましょう。

 

お腹のお肉取る1週間エクササイズ【正しい腹筋運動】

  1. 仰向けになり、ひざの角度が90度になるようにする。
  2. 手は胸の前にクロスか耳の横に添える。
  3. 肩甲骨が浮く程度の高さまで上体を起こす。

体を起こすというイメージではなく、お腹を中心にギュッと丸めるイメージです。

それに複式呼吸を意識する事でより効果的な腹筋運動をする事ができます。

 

簡単そうに見えて実は結構キツイ運動になります。

従来の腹筋のように、回数をこなすのではなく、数回でも効果が現れてくるエクササイズになります。

 

ちなみに従来の腹筋運動は仰向けで足を固定して、上体をしっかりと上まで起こす運動を連想すると思います。

ですが、この方法ですと、かえって腹筋を鍛える事ができないだけなく、腰を痛めてしまう事もありますので、注意が必要です。

 

お腹のお肉を取る1週間エクササイズ【体幹トレーニング】

  1. うつぶせになり握りこぶしを床に縦に着く。
  2. 握りこぶしからひじは床につけたままつま先で体を支える。
  3. 体を浮かせて10秒間キープする。

 

この運動を上手くする方法は、お尻が上がったりしてしまわないようにする事がポイントになります。

余裕がある人は片足であげてやっていく事で、より効果的に体幹トレーニングを行う事ができます。

 

この運動のいい所は、たった10秒の運動ですので、運動が苦手な方でも難なくこなす事ができます。

インナーマッスルを鍛える事で、基礎代謝と脂肪燃焼効果をアップする事ができます。

基礎代謝が向上する・姿勢が良くなる・体力向上・身体能力が向上するなど、多くのメリットがあります。

 

このトレーニングはプロのアスリートも行っているトレーニングなので、効果はかなり期待できます。

サッカー日本代表の長友選手も体幹トレーニングを推奨していますよね。

 

お腹のお肉を取る1週間エクササイズ【足の上下運動で下腹部を鍛える】

  1. 足を伸ばした上体で仰向けになる。
  2. 足を伸ばしたまま垂直になるまで足を持ち上げる。
  3. ゆっくり足を下ろして床につく手前で止める。

 

この運動はなかなかキツイと評判のトレーニングですね。

キツイ方は軽く膝を曲げたり、手をお尻の下に敷いたりすると楽になります。

 

腹筋は比較的、腹部全体を鍛える運動なので、下腹部だけを集中的に鍛えるのには、この足を上下する運動が効果的になります。

この運動の効果としては、ウエストラインの維持だけでなく、ヒップアップと下半身の引き締め効果も期待できます。

 

お腹のお肉を取る1週間エクササイズ【スクワットで効率的に運動】

  1. 両足を肩幅くらいに開く。つま先は前に向け左右平行にする。
  2. 両腕は腰におく。
  3. 息を吸いながらゆっくりひざを曲げる。お尻を突き出すイメージで。
  4. 息を吐きながらもとの姿勢に戻る。

 

はじめはかなりキツイので回数を少なくしていきましょう。

慣れてきたら、徐々に増やしていくようにしてください。

 

このトレーニングは適切な方法で行わないと、膝を痛めてしまう事になりますので、注意が必要です。

スクワットの良い所は運動効率の良さです。

 

スクワット15回の運動量は、なんと腹筋500回分の運動量になるのです。

すごく効果的な運動になります。

 

スクワットの1日に必要な回数は約50回となっています。

いきなり50回するのはキツイと思いますので、休み休みでも十分です。

 

15回を3セットに分けても問題ないですね。

とにかく1日50回する事で効率良くお腹のお肉を除去してくれます。

 

ですが、注意点があります。

スクワットが徐々に慣れてきて、50回以上できる余裕が生まれても、50回以上はしない方が良いでしょう。

 

スクワットをやたらむやみに行うと、余計な筋肉が付いてしまうので、あまりオススメできません。

お腹のお肉は除去できたけど、足が太くなってしまったんでは元も子もないですからね。

 

効率よくお腹の脂肪を取る方法!

考える

今回ご紹介したエクササイズはしっかりと行なう事で確実にお腹のお肉はなくなっていきますが、女性は男性と比べて中々筋肉がつきにくいからだです。

つまり、お腹のお肉も減りづらいという訳です。

その際におすすめしたいものが今話題のHMB配合のサプリメントです。

 

サプリと聞くと男性が使うものでしょ!?

と思うかもしれませんが、女性こそサプリを使って効率よくダイエット、筋肉をつける必要があります。

そこでおすすめのサプリメントはガクトさんが愛用しているメタルマッスルHMBです。

多くの芸能人も利用しており、非常に効率よく筋肉をつけてくれます。

>> ガクト愛用のメタルマッスルHMB

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、たった1週間でお腹のお肉を取るエクササイズ方法を解説していきました。

 

1週間でお腹のお肉を取る方法なので、それなりに厳しいトレーニングにはなります。

ですが、このトレーニング方法を続ける事ができれば、必ずあなたのウエストはどんどん細くなる事でしょう。

 

是非、本記事を参考にトレーニングしていきましょう!!

by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事