女子がキラキラするような美容やファッションの情報をお届けするライフマガジン

ハミ肉をなくす方法とは?筋トレでお腹やせ方法も伝授!

背中のお肉をなくす方法

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

年齢を重ねるごとにどんどん増えるお腹周りのお肉、脇肉、背中のお肉・・・。

ダイエットを始めようと食事制限をしているがなかなか痩せる事ができない。

 

そんな風に悩んでいる女性が最近では増えてきています。

食品の欧米化が進み、なかなか効率よくダイエットができない女性がたくさんいるってことです。

 

そんな女性の為に今回は、ハミ肉をなくす方法や筋トレでお腹やせの方法をご紹介していきたいと思います。

この方法を実践する事ができたら、あなたの体についている脂肪・セルライトをどんどん落とせると思います。

 

脇肉ができる原因ってなんなの?

そこまで太っていないのになんで自分だけ脇肉が出るのか不思議でたまらない・・・。

そんな風に不安になっている女性が後を絶ちません。

今からそんな脇肉ができる原因をご紹介していきます。

脇肉ができる原因はいくつかあり、それを知る事で効果的に対処することが出来るようになります。

 

猫背の人に多い

脇の下の肉は、猫背と密接な関係があります。

どういう事かと言いますと、猫背だと・・・肩甲骨が歪んで脇に肉がつきやすくなるからです。

 

私も以前は猫背だったのですが、そのせいでしっかりと脇肉がついていました。

ですが、意識して猫背を改善した途端に脇肉が消えましたので、明らかに私の場合は猫背が原因だったということ。

 

猫背は内臓が圧迫される事はもちろんですが、脇肉にも影響がでてきます。

猫背になるとリンパの流れが悪くなります。

 

脇部分はリンパの流れが活発な場所になりますので、リンパの流れが悪くなると必然的にそこにお肉がつくようになります。

 

ブラのサイズは合っていますか?

実は脇肉の原因はそれだけではありません。

ブラジャーのサイズ感もかなり影響していきます。

 

仮にブラのサイズが小さいとすると・・・脇の締め付けがかなり強くなっているはず

その結果、脂肪が脇外に逃げてしまい、脇肉へと変貌してしまいます。

 

脇肉の原因は外的要因も関係してきますので、注意が必要ですね。

ブラが苦しいと感じる方は是非、自分のサイズにあったブラを着用する事をオススメします!

 

脇肉を除去する方法は?

姿勢を正す

先ほども言いましたが、脇肉がある人は猫背の人が多いんですね。

特に猫背の人は肩が内側に入りがちになっています。

 

肩が内側に入ってしまいますと・・・脇肉ができやすくなります。

しかも、体を綺麗に見せる事もできなく、不健康に見えますので、注意が必要

 

さらに巻き肩になることでデコルテ部分のリンパに老廃物が詰まりやすくなります。

結果・・・太りやすくなってしまうという事態に。

 

老廃物を溜めない体にするために、姿勢をしっかりと整え、長時間デスクワークをする人は適度に休憩をとったり、背骨を伸ばすストレッチを取り入れるといいです。

 

下着を変える

ブラからはみ出ているお肉が気になるのでしたら、それはブラのサイズを間違えている可能性が高いですよね。

バストのサイズは外の環境やホルモンバランスによって、変わるものです。

下着屋さんでお試しする際に、ワンサイズ大きいブラをつけるといいでしょう。

そうする事で脇の脂肪が押しだされずに、おさまってきますので、ハミ肉を改善する事につながります。

 

正しいブラの付け方で分からない事があれば、店員さんに聞くといいでしょう。

丁寧に教えてくれると思います。

 

リンパマッサージをする

デスクワークなどで肩こりが激しい人は脇の下がむくんでいる可能性があります。

試しに腕をあげて、反対側の手ではみ出ているお肉を揉んでみてください。

もし、揉み込んで痛いと感じるのであれば、むくんでいる証拠になります。

 

マッサージのやり方は簡単で、肘から脇に向かってさするようにマッサージする事が大事ですね。

人指し指の側面を使う事で効率よくほぐす事ができるでしょう。

 

ほぐれたら、脇の下からバストに向かって脂肪を流すようにマッサージしていきましょう。

そうする事である程度のお肉は改善する事ができるでしょう。

 

筋トレをする

筋トレをする事で脇の脂肪を改善する方法で、これを行なう事で、脇のハミ肉を解消する事ができます。

 

筋トレのやり方としては、脚を肩幅に開いて立ち、指を前で組んでいきます。

その状態で腕を耳の後ろまで上げます。

この時、肩だけを下げるようにするのがポイントです。

 

この動作をゆっくりと行う事で脇肉改善に繋がります。

しかもこの筋トレをバストアップ効果もありますので、かなりオススメです。

 

簡単なので、是非参考にしてみてください!

続いては、背中のお肉について解説していきたいと思います。

 

背肉の原因って?

ウエスト周りや脇肉なんかも気になりますが、意外と背中のお肉も気になったりするんです。

脇肉やウエストに比べると普段見る事もない部分なので、案外見落としがちになってしまう背中のハミ肉。

 

実際ダイエットをしている人でも背中のお肉が気になっている人もたくさんいるのではないでしょうか?

今から、背中のお肉がつく原因と背中のお肉を解消する方法を解説していきたいと思います。

 

肩甲骨のゆるみで背中のお肉がつく

家事やデスクワークによる前かがみの姿勢、猫背などの姿勢の悪さから肩甲骨が開いてしまいます。

その結果・・・背中の筋肉が使われずに衰え、たるみに繋がってしまうのです。

 

しかも、肩甲骨の動きが鈍くなると肩甲骨と背骨をつないでいる筋肉が固まります。

さらにパソコン作業するなど現代の生活では前かがみの姿勢が増えているため血行が悪くなり、慢性的な肩こりの原因にもなります。

 

猫背になり肩甲骨が外へ引っ張られてしまうと、肩甲骨の内側の筋肉がそれを戻そうとする働きが強まり緊張が高まってしまいます。

肩甲骨の内側には褐色細胞というダイエットをする上で非常に大切な細胞があります。

緊張が高まる事で血流が悪くなり、肩甲骨が歪む事でダイエットも阻害されという事になります。

 

背中のたるみやぜい肉を放ってしまいますと、筋肉量・柔軟性が落ちて代謝も下がります。

脂肪がつきやすい状態になりますので、たるみやぜい肉の増加が進んでいってしまうのです。

 

そうなると、見た目年齢が大幅に上がってしまう、おそろしい状況になります。

しかも、美しくて、正しい姿勢をキープするのも非常に難しくなります。

 

背肉を落とす運動は?

肩甲骨をほぐして背中のお肉を除去する運動

  1. 足を肩幅の広さに開き、軽くこぶしを握って腕を前の方へ伸ばします
  2. 息を吐きながら、ゆっくりとひじを後ろの方へ引いていきます。

 

この時、肩甲骨が内側の方へグッと入っていることを意識。

この運動を毎日10セット続けると非常に効果的なので、続けていきましょう。

 

背筋伸ばし体操

  1. 手を後ろで組み、下へグーッとゆっくり力を加えます。
  2. その際、肩甲骨が内側に寄っている事を確認して下さい。

 

この動作を10秒×3セット毎日行う事で背中の脂肪を落とす効果を得る事ができます。

 

羽ばたきエクササイズ

  1. 手をかるく握り、腰に当てる
  2. 羽をはばたかせるイメージで、ひじを前後に動かす

 

10回を1セットとして、毎日3~4セット取り組めば、背中美人を簡単に手に入れる事ができます。

トータル1日3分程度のエクササイズでも、肩周りが軽くなりスッキリしてくることを実感できるはず。

それに、肩こり予防効果も期待できますので、肩こりに悩んでいる女性にもオススメとなっているエクササイズとなっています。

 

お腹が太る原因は?

お腹がぽっこり出ている『ぽっこりお腹』。

この状態が一番嫌ですよね〜。

 

ポッコリとした脂肪がついたお腹はなかなか除去する事ができないと思っている人が多いようです。

ですが、エクササイズのコツさえ掴む事ができれば、意外と簡単にお腹の脂肪を落とす事ができるのです。

まずは、お腹に脂肪がつく原因をご紹介していきます。

 

加齢によるぽっこりお腹

1番多いのが、加齢による脂肪の蓄積になります。

見た目は全然痩せているのにも関わらず、お腹の脂肪がついてしまいぽこっと下腹部が出てしまうのです。

皮下脂肪によるお腹ぽっこりが多いのですが、最近では内臓脂肪のつきすぎで下腹が出ている方も多いようです。

 

骨盤の歪みでぽっこりお腹

骨盤が歪んでしまいますと、リンパの流れが悪くなってしまいます。

その為、脂肪が溜まりやすくなるという事になります。

 

それに骨盤が歪んでいると、内臓が本来の位置よりも下がってしまいます。

その結果、下腹部分がぽっこりとなることがあります。

 

お腹やせの効果的な方法とは?

トランポリン

お腹痩せの運動にオススメしたいのは、トランポリンになります。

その理由と言うのは、1日たった5分で1時間のジョギングと同じ効果が期待できます。

 

これならわざわざ外に出なくてもリビングに置いておけばテレビを見ながらでもできるので毎日気軽の取り組めますよ。

ジョギング効果だけでなく、骨を正しく矯正してくれたり姿勢が整っていきます。

 

さらに、トランポリンで上下に飛ぶことで・内臓が刺激されて腸のマッサージ効果も期待できます。

結果、便秘の改善もできます。

 

  • 全身のリンパの流れ、血液の流れが活発になって新陳代謝がよくなり痩せやすい体になっていきます。
  • 内臓脂肪が減少して内臓脂肪が付きにくい体になります

 

1日5分飛ぶだけで簡単に効果的な有酸素運動ができ脂肪の燃焼だけでなく様々なメリットがあるトランポリン。

 

正しい腹筋

  1. 仰向けになり、ひざの角度が90度になるようにする。
  2. 手は胸の前にクロスか耳の横に添える。
  3. 肩甲骨が浮く程度の高さまで上体を起こす。

 

この3点を意識する事で、お腹周りのお肉を落とす事ができます。

しっかりと、正しい姿勢で運動する事が大事になってきますので、しっかりと意識していきましょう!!

 

体幹トレーニング

  1. まずは、うつ伏せの状態からスタート。
  2. 肘とつま先だけで身体を支えます。
  3. 頭から踵までを一直線にして、肩の真下に肘が来るようにする

 

このまま30秒間キープします。

たったこれだけの体幹トレーニングであなたのお腹の脂肪を落とす事ができるのです。

この体幹トレーニングを毎日行う事が重要になりますので、必ず毎日行うようにしていきましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、脇肉・背肉・お腹のお肉がつく原因と改善方法を解説していきました。

 

ハミ肉を除去する方法はたくさんあります。

是非、本記事を参考に自分のやりたいエクササイズを見つけ、楽しくお腹の脂肪を落としていきましょう!!

by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事