女子がキラキラするような美容やファッションの情報をお届けするライフマガジン

痩せにくい体質の女性に朗報!その体を改善して痩せる方法を伝授!

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

女性は男性に比べて痩せにくい体質というのをご存知でしょうか?

その理由としては、女性の方が男性よりも脂肪が多いので、必然的にそのようになるんです。

 

普通の運動ではなかなか除去されない脂肪なのですが、実はちょっとした運動のコツを掴めば、あなたの脂肪をどんどん落とす事が可能になります。

という事で今回は痩せにくい体質の女性に向けた、脂肪を落とす改善方法を詳しく解説していきたいと思います。

 

そもそも痩せにくい女性ってどんな特徴?

世の中には痩せにくい女性と痩せやすい女性の両方が存在します。

では、その違いって一体何?という事を今から詳しく解説していきたいと思います。

もしかしたらこの記事を見ている人に当てはまる事がたくさんあると思いますので、しっかりとチェックしてみてくださいね。

 

冷え性の女性は痩せにくい!

女性特有の性質でもある『冷え性』。

この冷え性が酷い人ほどなかなか痩せる事ができません。

 

そもそも冷え性の原因は代謝の悪化が引き起こす症状と言われています。

代謝が悪いと体内に溜まった水分や脂肪などが排出できず、知らず知らずのうちに余分な脂肪があなたの体内に蓄積されてしまいます。

 

実は女性は体が冷えると、脂肪を溜め込む体質にあります。

女性の体は体質的に骨盤や子宮を冷やさないように無意識に暖めようします。

 

その結果、冷えが起こってしまうと、体が勝手に脂肪を蓄えようとします。

蓄える理由としては、骨盤や子宮の冷やさない為にありますね。

 

このように、人間が無意識の間に骨盤や子宮を暖めようとしますので、どんどんその辺りに脂肪が集まってくるんですね。

なので、体的には何も悪い事はしていないのに、無意識に脂肪がどんどん蓄積されていくのです。

 

運動による筋肉質

運動を辞めたら筋肉は脂肪に変わってしまったと悩んでいる方多いはず。

スポーツをずっとやっていた人は食も太いです。

 

運動量が減ったのにも関わらず食事量が以前と変わらないのではないでしょうか?

運動を辞めて痩せた人も多いのですが、その分、食事量も減少していると思います。

 

筋肉が付いていた所に脂肪が乗るとかなり厄介な事になりますので、注意が必要です。

ダイエット方法も普通の運動をするだけでなく、しなやかな筋肉を作る為のストレッチも多く取り入れた方が良いでしょう。

 

むくみ

長時間立ちっぱなしとか、座りっぱなしとか・・・体が段々とむくんできて、夕方には脚がパンパンなんて女性も多いのではないでしょうか?

実はこのむくみの原因は水太りが大きく関係してきます。

 

むくみをそのまま放置しておくと、代謝の悪化を招き痩せにくい体質になってしまいます。

先ほども、お伝えした通り、代謝が悪化すると体内に脂肪や水分を溜め易くなって、どんどんむくみを招くおそれがあるのです。

 

むくみの原因を下記にまとめてみました。

  • 長時間の起立状態
  • 運動不足による冷え性や血行不良
  • 水分・塩分の摂り過ぎ
  • 下肢静脈瘤
  • 肝臓の病気
  • 腎臓の病気

このようにむくみの原因には様々な要因が隠されているワケなのですが、多くの場合は運動不足などによる冷え性や結構不良、あるいは、長時間の起立状態にあります。

水分・塩分の摂り過ぎという点にも注意したい所です。

>> 最短翌日にむくみを解消する魔法のアイテムとは!?

 

基礎代謝が低い人

基礎代謝が低いと痩せにくいとされています。

生命を維持するために必要な最小のエネルギーになります。

 

実はこの基礎代謝が低いと、どうしても1日の消費エネルギー量が減って、脂肪が溜まりやすい体になってしまいます。

反対に基礎代謝が高い人は同じ食事量をしているのにも関わらず、脂肪を上手く燃焼してくれますので、太りにくい体質になっています。

 

頑張ってダイエットしているのに、なかなか痩せる事のできない人は基礎代謝が低下している可能性が高いですね。

しかも、基礎代謝が低下していると、お肌にも良くない事が分かっています。

 

基礎代謝が低いと血液の循環が悪いので、目の周りにクマができたり、むくみやすくななります。

それに肌トラブルの原因にもなりますので、要注意なのです。

 

リバウンドをしやすい人

ダイエットに成功してもすぐに太ってしまう女性も多くいるかと思います。

しかもリバウンド後はさらに前よりも体重が増えた女性も多くいますよね。

 

せっかくダイエットして痩せる事ができたのに、元の体型に戻ってしまって挙げ句の果てには前の体重よりも増えてしまうパターンの女性を何人か知っています。

リバウンドの原因は食事制限のみのダイエットが原因の1つされています。

 

食事のみでのダイエット方法はリバウンドの確率が非常に高いダイエット方法なので、あまりオススメはしません。

栄養を摂りながら、徐々に体重を減らす方法が一番現実的ですよね。

 

痩せにくい体質を改善する方法は?

さて、痩せにくい体質の原因が何となく分かったかと思います。

続いてお話ししますのは、その改善方法になります。

 

痩せにくい体質を改善する方法を詳しく解説していきたいと思います。

この方法はかなり効果的なので、最後までご覧下さい。

 

3食きちんと食べている

基本的な事なのですが、まずはこれを意識する事が大事です。

最近は断食などのダイエット方法が流行っていますが、この方法はかなり危険です。

 

食べない事で空腹時間が長くなり、体が脂肪を溜め込みやすくしてしまいます。

それに空腹に耐え切れず、一気に食べてしまうと通常時の1.5倍以上も脂肪が蓄積される事も分かっています。

 

なので、まずは3食きっちり食べる事が大前提になります。

特に朝食は非常に大事な食事時間になります。

 

朝食を食べないとエネルギー消費率がかなり下がってしまいますので、注意が必要です。

それに代謝の低下の原因にもなります。

 

よく噛んで食べる

人間の脳には満腹中枢というものがあります。

満腹中枢の仕組みは食事をして血糖値が上がった事を感知すると『お腹いっぱい』の指令を脳にだし、人は満腹感を得る事ができるのです。

 

この仕組みを利用する事で、あなたの食事をコントロールする事ができます。

コントロールする為にはよく噛む事が一番重要です。

 

満腹中枢が感知するまで、よく噛んで食べる事で、必要以上に食べる事は無くなるでしょう。

結果、食事制限の辛さを感じる事のなく食事を減少させる事ができます。

 

体温を上げる

先ほども言いましたが、体温が上がる事で基礎代謝の向上が期待できます。

基礎代謝が向上する事で痩せやすい体質を作る事ができるようになります。

 

ではどのようにして、冷えた体の体温を上げる事ができるのか?

なるべく体を冷えから守る事が大事なのです。

 

その為に一番必要なのは、白湯を飲むという事ですね。

もしかしたら毎日同じ冷たいジュースを飲んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

実はそのような冷たい飲み物は体の冷えの原因にもなりますので、あまりオススメはしていません。

できるだけ、常温か白湯のような暖かいものを飲む事をオススメしています。

 

白湯を飲む時間帯なのですが、一番オススメの時間は朝になります。

朝のお水を白湯に変更するだけで、あなたの体温は徐々に上がっていく事でしょう。

 

また、暑い時期でも室内は冷房がガンガンに効いて寒い事があるので、厚めの靴下やブランケットを用意しておく事も大事になってきます。

 

少しの運動から筋肉量を増やす

筋肉を増やす事で代謝をアップさせる事ができて、その結果、痩せやすい体質に改善する事ができます。

ただ、いきなりムキムキな体になろうとしなくても大丈夫です。

 

少しの運動から始めて、徐々にキツくしていけば、あなたの体はみるみる内に痩せる事ができるでしょう。

ウォーキングやジョギングは全身を使った運動になるため筋肉をつけやすいだけでなく有酸素運動のため、体に程よい負荷をかけることができます。

 

ウォーキングやジョギングも毎日何時間もする必要はなく、30分程度散歩も兼ねてやると継続しやすいです。

ただ、外出するのは面倒という方は室内でエアロバイクをするのでも十分です。

 

ロングブレスダイエット

ロングブレスダイエットってご存知でしょうか?

もしかしたら聞きなれないかもしれませんが、簡単に言いますと、呼吸を深く行うことでお腹周りのインナーマッスルを鍛える運動になります。

こちらは運動などに比べてかなり手軽に行えるので、運動が苦手という方にもおすすめです!

 

やり方としてもすごく簡単なんです。

脚をクロスさせて立ちながら地面と水平になるように横に腕を開き、お腹を凹ませて息を大きく吸い込んでいきます。

 

そして・・・お腹を凹ませた状態をキープして、開いた腕を元に戻しながら、息をゆっくりと吐いていくんですね。

これを毎日15~20回程度繰り返すしてください。

 

結果的にお腹を引き締めることが出来きますし、お腹周りを痩せさせたい人はぜひ実践してみてください。

慣れてくれば呼吸の回数を増やすことで、より大きな効果を体感することが出来ます。

 

ホットヨガ

最近ヨガブームになっていますよね。

男性で言うと、日本代表の長友選手がヨガ本を出した事でも話題になっています。

そんな中、ヨガを始める人が多くなってきましたが、おすすめのヨガとしてご紹介したいのが断然ホットヨガです。

 

ホットヨガはインナーマッスルを鍛えながら内蔵を温めることが出来るので、冷え性改善に大きく貢献します。

とは言っても、普通のヨガと実践する事はほとんど同じで、様々なポーズをしながら全身のインナーマッスルを鍛えます。

 

そのうちに体が温まり、代謝が促進されるというものです。

こちらは週に1回30~40分程度行うだけでも効果があるので、ぜひ実践してみてください!

 

痩せ体質へと改善するサプリを活用する!

腸内フローラの効果や口コミ

先ほど痩せる為には、新陳代謝が重要というお話をしました。

特に代謝は年齢を重ねていくと、低下していくものなので必然的に痩せにくくなるんですね。

そこで、痩せ体質へと変貌を遂げる為に最近注目されているのが、腸内フローラというものです。

 

腸内フローラとは

腸の中には目に見えない程の無数の生き物(微生物)が存在していて、その数は実に100兆匹以上とも言われています。

これらの目に見えない100兆匹の微生物を総重量に換算すると、何と1kg~1.5kgにもなるようです!

その微生物は腸内細菌と言われているのですが、種類も多種多様に及ぶことから、これら腸内細菌が腸の中で広がっている様子が花畑(フローラ)に例えられ、「腸内フローラ」というように呼ばれているようです。

 

この腸内フローラを育てることで瘦せやすい体質へと変わっていくようです。

ただし、この腸内フローラを増やすのって簡単ではなく、様々な食品を摂取しないとならないんですよね〜

そこでおすすめなのが、ラクビというサプリメントを使う事です。

管理人もラクビは3か月ほど使ったのですが、非常に飲みやすく体重も微減ではありますが、3キロほど摂取するだけで痩せる事が出来たのでおすすめです

>> 腸内フローラならラクビがおすすめ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は痩せにくい体を改善し、痩せやすい体質変える方法をご紹介していきました。

 

結局は現状維持では、なかなか痩せる体質になる事は難しいのですが、少し運動だったり、少しの冷え改善でしたり、ほんの少し努力する事で、あなたの体質は随分と変わる事ができます。

今回ご紹介した中で、自分に一番合っている事をまず始めてください。

 

そうする事であなたの痩せにくい体質はかなり改善する事ができるでしょう。

by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事